アメリカ式、IR情報の掲載方法
関連情報を絡めたカレンダー型方式が主流

日本企業のウェブサイトのIR情報には、決算短信、投資家との電話会議、よくある質問などが主に掲載されています。アメリカの企業ではどのような資料を発表しているのでしょうか。

近年、多くの米国企業がカレンダー型方式を活用してIR情報を掲載しています。この方式では、IR情報のセクションの下の「イベント」または「イベントおよびプレゼンテーション」というヘッダの下にさまざまなイベントが時系列に沿ってシンプルなスタイルで掲載されています。クリックすると関連情報へのリンクがシンプルに並べられています。投資家は過去、現在、未来の業績を簡単に見つけることができます。

またカレンダー型方式では、文書、動画、音声、静止画などさまざまなIR情報を紐づけて情報提示することができます。該当情報がPDFである場合は、その旨を明示するなど、読み手の利便性についてよく考えられています。

具体的に、世界トップのエンターテイメント企業ディズニー社と小売業ウォルマート社の例を見ていきましょう。

ディズニー社の決算報告ウェブキャスト

ディズニー社は、IRページの「イベントとプレゼンテーション」のヘッダ下にカレンダー型方式でIR情報を掲載しています。

今後発表予定の四半期業績についての予告、過去のリリース、インベスターデータなどが時系列順に並べられています。

例えば、2020年第4四半期の業績は、Investor Relations – EVENTS AND PRESENTATIONS下の「Disney’s Fiscal Full Year and Q4 2020 Earnings Results Webcast」(ディズニー社2020年度および第4四半期決算報告ウェブキャスト)のコラムをクリックすると、すぐに音声が再生できるようになっています。また、同じページに、関連情報である

・決算短信
・決算調整(非GAAPからGAAPへ)
・音声(MP3 ファイル)
・音声のトランスクリプト

などが同じセクションからダウンロードできるようになっています。

https://thewaltdisneycompany.com/investor-relations/#events
https://thewaltdisneycompany.com/disneys-fiscal-full-year-and-q4-2020-earnings-results-webcast/

ウォルマート社

ウォルマート社も、「イベント」ヘッダの下で同様にカレンダー方式をつかってイベントを掲載しています。また、5四半期先までのリリースの予告も掲載しています。

各イベント項目には、情報が公開される日付と時間が掲載されており、カレンダーアプリへの入力もクリックひとつでできるようになっています。また、「四半期報告の資料は、発表日の午前6時に閲覧できるようになります」といった、簡単なメッセージなどが記載されています。

https://corporate.walmart.com/newsroom/financial-events

IRの未来~変わり続ける環境に順応する~

IROとして15年のキャリアをもつNIRI(全米IR協会)メンバーが
IRの今後について語りました。過去15年の間、IRに求められるスキルは
著しく増えました。また、テクノロジーの進化にともない、IRO自身も
進化を遂げています。

2005年頃、ソーシャルメディアは子供の遊びにすぎないと考えられて
いました。また、多くの人が「持続可能性」は環境問題に直結する
ビジネスの問題だと考えていました。アクティビスト・シェアホルダーは
企業にとって邪魔ものであり、企業はフルカラーの分厚い
アニュアルレポートを作成するなど、IRを取り巻く環境は今とは全く
異なるものでした。
この15年で時代は大きく変わりましたが、一体IRの未来は
どのようなものになるのでしょうか?

▼ 破壊的チャンスの到来
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今後、IRの役割はより重要になり、企業はより多くのリソースを
つぎ込むようになると考えられます。ただし、IRは環境やテクノロジーの
変化に対応できない場合、生き残ることは難しいかもしれません。

IRに求められるスキルは毎年増えています。コミュニケーション、
財務・会計、市場、コーポレートガバナンス、規制対応、持続可能性、
危機管理、AI・データ分析、競合情報分析などは、いまやIROに
求められているスキルのわずか一部です。IROはその増え続ける要求に
応えることができるのでしょうか?もちろん、複数の分野で実力を
発揮するIROも存在するでしょう。しかし、実際には、チームでの
IR活動が行われるようになると予測されます。

▼ チームでの活動が主体に
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
IRチームのサイズは大きくなり、その役割もより特化されると
考えられます。従来IRチームは小規模で、1~2人で担当するのが
一般的でした。
しかし、将来的には、複数の分野での経験を有するチームリーダーが
コーチとしての役割を果たし、メンバーがプレイヤーとしてサポートする
チーム形式が主流になると考えられます。

企業はIR部門を強化するためには、財務・会計、市場、コーポレート
ガバナンス、規制対応、持続可能性、危機管理、AI・データ分析、
競合情報分析などの中から、IR部門に必要なスキルを特定する必要が
あります。これらの役割は現在でも企業内に存在していますが、
IR組織の一部とすることで、よりターゲットを絞った戦略を
実現することが可能になるでしょう。

▼ ウェブサイトをチームメンバーとして活用する
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
また、IROが活用できるテクノロジーが多く開発されており、新しい
テクノロジーがIRの役割をサポートするようになっていきます。
IRウェブサイトを統合テクノロジープラットフォームとして今まで以上に
活用することも有効です。投資家が企業についてリサーチする際の
第一歩がウェブサイトです。現在、IRウェブサイトの「よくある質問」に
掲載されている質問は、誰も聞かないような質問であることが多々あります。
そのため、ここで質問の答えを得られなかった投資家は企業に連絡をとり、
ミーティングを要求してきます。

オンラインショッピングサイトのようにチャットボットを採用することで、
質問により効率的に対応することが可能です。IRウェブサイトは
投資家がIROとの面談をスケジューリングするためにも活用できます。
特に小さいIRチームは活用することで、IROが戦略的なタスクや
投資家との建設的な対話にエネルギーを注ぐことが可能になります。
IRウェブサイトをチームメンバーの一員として考えることをお勧めします。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆ 参考・出典一覧
『The Future of IR: A Team of Tech-Empowered Specialists?』
IR Update 2019年秋号

戦略アドバイザーとしてのIRO ~IRの進化~

テキサス州で2019年9月に開催されたNIRI(全米IR協会)の
年次リージョナルカンファレンスにおいて、IRを取り巻く
環境の変化とそれに伴ったIROの役割の変化について議論されました。

▼ 変わる時代、求められる変化
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
MiFID II(欧州金融商品市場指令)の改正や、ESG的視点の拡大、
バイサイドツールとしてのAIの台頭、貿易摩擦、市場構造や
社会的視点の変化など、市場を取り巻く環境が目まぐるしく変わる中、
IROも今まで以上のスピードでの変化を求められています。

また、企業の存在意義も変わってきています。株主、企業は利益を
最優先としてきました。しかし、現在は、顧客、従業員、コミュニティ、
株主などのステークホルダーに貢献することが企業の目的であると
多くのCEOが考えるようになっています。

▼ 増える役割、複雑化する環境
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
IROの役割は拡大し続けています。IROが従業員、顧客、地域社会と
協力して強力な企業文化を創り出していくことの重要性を専門家は
指摘します。さらには、ソーシャルメディアのユーザーの興味を
引く方法や、オンライン上で企業の評判が脅威にさらされるような
場合にはそれら攻撃への対応も要求されるようになりました。
また、従来と同様にアクティビスト攻撃などに対する危機管理も
求められています。

セルサイド・リサーチの変化や世界経済の変化に合わせ、IROの役割は
より複雑にもなってきています。IROは貿易摩擦や政治的混乱の影響や、
その結果としてバランスが崩れている世界のサプライチェーンや
顧客市場に対しても敏感であることが求められています。
状況が複雑になってきているということは、IROが対応するリスクが
増加することでもあります。

長期投資家を惹きつけるために、よりクリエイティビティも
必要になります。MiFID II改正により、機関投資家がリサーチ
およびノンディールロードショーに対する予算を大幅に削減したため、
従来セルサイドにとって大きな収入源となっていた分野が大幅に
減少しました。その結果、セルサイドはリサーチ範囲やアナリスト
の数を削減しています。IROへの転職を狙うセルサイドアナリストが
持っているスキルや知識に対抗して、IROは自らの差別化を図る
必要もあります。

このような時代において、IROは信頼できる戦略アドバイザーである
ことが求められつつあります。

▼ 新しいIROの在り方
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
株主との関係を維持するだけではなく、従業員、コミュニティ、顧客、
政治家などとの関係を維持することも、IROの業務の一部となりつつ
あります。すべてのステークホルダーはつながっているとの考えが
広まっており、ステークホルダーを限定した対応では、複雑化する
世界に対応できなくなりつつあります。

一部のIROはすでにPR、従業員コミュニケーション、政府対応、
ブランディング、マーケティングなどを組み合わせた業務を担当し、
信頼できる戦略アドバイザーとしての立場を確立しつつあります。

IROの業務範囲が、ESG、企業文化、ビジネスに関する知識、
ソーシャルメディア、全体的な評判管理、SEC開示、リスク管理、
市場およびコンプライアンスなど多様になってきている今、IROの
意見がCEOの戦略決定に重要な役割を果たすようになると考えられます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆ 参考・出典一覧
『The Evolution of a Profession』IR Update秋号