セミナー

プレイン・イングリッシュ:世界でもっとも伝わる英語術

グローバル化とネットワーク化の進展により、人・モノ・カネ・情報がボーダレスに行きかう昨今、国内での外国人労働者受け入れなど、円滑な英語によるコミュニケーションのニーズがますます高まっております。
そうしたコミュニケーション法を日本のビジネスにも普及させるべく、2010年より、一般社団法人日本IR協議会の英文IRセミナーなどの機会に「プレイン・イングリッシュによる円滑なコミュニケーション」をテーマとした講義を多くの上場企業の広報IRのご担当に向けて実践してまいりました。またここ数年は、各企業様からのご依頼も増えており、「プレイン・イングリッシュ社内セミナー」を開催しております。
今後も一人でも多くの方々に、プレイン・イングリッシュの概念をご理解・習得いただき、効率的な英語によるコミュニケーションを行い、グローバル化とダイバーシティーの優位性を高めていただきたいと考えております。

プレイン・イングリッシュの詳細はこちら

プレイン・イングリッシュセミナーの特徴

  • 効果的でスピーディーな英文ビジネスコミュニケーションを習得していただきます。
  • プレインな英文は、プレインな日本文から生まれます。本セミナーでは、英語ロジックを学び、日本文固有の言い回しなどを取り上げ、日本文の書き直しにも取り組みます。
  • 本セミナーでは、プレインイングリッシュの基礎を習得し、ビジネスシーンでのシンプル・ライティングを学んでいただきます。
プレイン・イングリッシュによる読みやすさの改善例
【オリジナル】
申請書は出願者が記入し、5月1日までに奨学金事務所が受理する必要があります。
The application must be completed by the applicant and received by the grants office by May 1st.

【改善後】
あなたは5月1日までに奨学金事務所に直筆で申請してください。
Please complete and submit your application to the grants office by May 1st.
※読み手に、誤解なく、速やかに理解させ、次のアクションを促すための表現を選ぶ。

企業のご担当者さまにアンケート
※弊社調べ

96%

プレイン・イングリッシュでのコミュニケーションを望みますか?
YES:約96%

72%

積極的に海外IRを行っていきますか?
英語でのコミュニケーションを積極的に行っていますか?
積極的に行う、やや積極的に行う:約72%

プレイン・イングリッシュセミナーの概要

3種の基本パターンをご用意しています。(長さ・内容はお客様のニーズに応じてご相談させていただきます。)
◆Plain English Basic コース(半日)
◆Plain English Advanced コース(1日間)
◆Plain English Professional コース(2日間)
*各コースとも有料オプションとして、研修時間外の添削指導をご提供できます。

主なカリキュラムは以下のとおりです。
①知っておくべき英語の文法知識とプレイン・イングリッシュの基礎
②プレイン・イングリッシュの10の基本ガイドライン
③プレイン・イングリッシュでのライティング演習など

セミナーを開催させていただきました

[ 受講者の方の声 ]

  • 今まで弊社内の海外の方から、英文への翻訳に関して注意されていた意味がようやく理解できました。
  • プレイン・イングリッシュについて多岐に渡る内容に触れることができ、とても有意義なセミナーでした。
  • 目から鱗な話があり、有益なセミナーでした。
  • 今後の業務に非常に役立つ、貴重なお話をありがとうございました。
  • 今まであまり参加したいと思える英文セミナーがなかったのですが、今回出席してみて本当に参考になりました。