English Readability Analyzer[ 英文診断(English Readability Analyzer) ]

ビジネスではスピードが重要です。そして誰もが忙しい時代、一度読んですぐに理解できる文章が求められています。プレイン・イングリッシュ(平易な英語)はそうしたニーズに応える英語表現方法です。

文章に冗長な言葉や複雑な言葉が使われていると、読む速度が遅くなります。また、読み手を混乱させたり、読まれないまま放置されてしまう可能性もあります。

米国ではカーター大統領令により、プレイン・イングリッシュが広まり、官公庁から発信される公文書はもちろんのこと、米国証券取引委員会(SEC)は、米企業などに対してプレイン・イングリッシュを使った情報開示を義務付けています。

また、Trudeau教授の法的文書における言葉の使い方に関する研究a)によると、

  1. 伝統的な法律用語か、プレイン・イングリッシュかの2つの選択肢がある場合、80パーセントの人がプレイン・イングリッシュを好む
  2. 専門知識のある人ほどプレイン・イングリッシュを好む
という興味深い結果が発表されています。

このサイトでは、お手元の英文が読者にとり読みやすいかどうかを 6 つの指標(下記「読みやすさの指標」)に従って定量的に診断を行います。お手元の英文が、欧米の読者に「簡潔・明瞭・的確」に伝わるかを知る 1 つの目安にしてください。

今すぐあなたのお手元の英文を診断してみませんか?

(下のテキストBOXに英文をペーストして、[診断] ボタンを押してください)
※小数点やMr.などのピリオドは事前に削除してください。

[ 診断結果 ]

【読みやすさレーダー】
欧米企業推奨基準 診断結果
  • 重要な情報は文書の先頭にありますか。
  • 1文の長さは15-20ワードですか。
  • 主語・動詞・目的語は近くにありますか。
  • 能動態を使用していますか。
  • 動詞は強い動詞で、一語で明確に動作を表現していますか。(×make application、○apply)
  • 短くシンプルで具体的な用語を使用していますか。
  • 専門用語や略語は最小限になっていますか。使用している場合、その説明がありますか。
  • 二重否定は含まれていませんか。
【FREのスコア】
0100
*上記の色は下の表に対応しています。

※欧米企業推奨基準:欧米企業で推奨される英文作成の基準値です。 文書の性質等により、必ずしも基準内に収まらない場合があります(特に固有名詞が多い場合、契約書、論文など)。また「学年レベル」は FKG を基準に、小数点は四捨五入で算出しています。

※□の色は上記のFREのスコアに対応しています。
スコア 内容を理解するために必要な英語レベル(米国の学年レベル) 説明
100–90点 小学校5年生 非常に平易(平均的な11才の小学生が簡単に理解できる)
90–80点 小学校6年生 平易
80–70点 中学1年生 やや平易
70–60点 中学2〜3年生 プレイン・イングリッシュ(13~15才の学生が簡単に理解できる)
60–50点 高校生 やや難しい
50–30点 大学生 難しい
30–0点 大学卒 非常に難しい(大学卒業レベルの知識が必要)

出典:https://theatwatergroup.com/ReadablityStatsSample.pdf

「読みやすさ(可読性)解析」について

読みやすさを決める要素は、単語および文章の長さです。短い単語や短い文章ではスコアが高くなり、一読したときに文意が把握しやすいといえます。

「始まる」という言葉を使うのであれば「commence」ではなく「start」、「〜に関して」という言葉を使うのであれば「with regard to」ではなく「about」を使ったほうが読みやすさが高まります。

ご注意:
※文の内容や文法は評価の対象外であるため、スコアはあくまで読みやすさの参考数値としてご利用ください。
※このツールの対象は一般的な読者を想定した文書です。学術誌など対象読者が専門家の場合は文書の性質上、読みやすいスコアは得にくくなります。
※スコアにより、表の内容と誤差が生じる場合があります。

a)
https://works.bepress.com/christopher_trudeau/1/
The Public Speaks: An Empirical Study of Legal Communication
Scribes J. Leg. Writing (2012)
Christopher R Trudeau

目的にあわせた読みやすく、理解される英訳・ネイティブリライトはA&Peopleにお任せください。