English Readability Analyzer[ 英文診断(English Readability Analyzer) ]

ビジネスではスピードが重要です。そして誰もが忙しい時代、一度読んですぐに理解できる文章が求められています。プレイン・イングリッシュ(平易な英語)はそうしたニーズに応える英語表現方法です。

文章に冗長な言葉や複雑な言葉が使われていると、読む速度が遅くなります。また、読み手を混乱させたり、読まれないまま放置されてしまう可能性もあります。

米国ではカーター大統領令により、プレイン・イングリッシュが広まり、官公庁から発信される公文書はもちろんのこと、米国証券取引委員会(SEC)は、米企業などに対してプレイン・イングリッシュを使った情報開示を義務付けています

また、Trudeau教授の法的文書における言葉の使い方に関する研究a)によると、

  1. 伝統的な法律用語か、プレイン・イングリッシュかの2つの選択肢がある場合、80パーセントの人がプレイン・イングリッシュを好む
  2. 専門知識のある人ほどプレイン・イングリッシュを好む
という興味深い結果が発表されています。

このサイトでは、お手元の英文が読者にとり読みやすいかどうかを 6 つの指標(下記「読みやすさの指標」)に従って定量的に診断を行います。お手元の英文が、欧米の読者に「簡潔・明瞭・的確」に伝わるかを知る 1 つの目安にしてください。

今すぐあなたのお手元の英文を診断してみませんか?

(下のテキストBOXに英文をペーストして、[診断] ボタンを押してください)
※小数点やMr.などのピリオドは事前に削除してください。

[ 診断結果 ]

※欧米企業推奨基準:欧米企業で推奨される英文作成の基準値です。 文書の性質等により、必ずしも基準内に収まらない場合があります(特に固有名詞が多い場合、契約書、論文など)。また「学年レベル」は FKG を基準に、小数点は四捨五入で算出しています。

「読みやすさ(可読性)解析」について

単語や文の長さは、テキストの読みやすさ(可読性)/分かりやすさに影響します。一般に、短い単語、また 1 文が短い文章の方が理解しやすいため、より多く使用されています。英文の改善には、テキストの読みやすさを指標で定量的に評価できる可読性分析が役立ち、欧米では広く使われています。

※本サービスは、英文の読解難易度を各種計算式に基づき算出した結果であり、英語レベルなどを認定するものではありませんので、参考としてご利用いただきますようお願いいたします。

目的にあわせた読みやすく、理解される英訳・ネイティブリライトはA&Peopleにお任せください。